amazonFBAの大口出品と小口出品の違い、メリット

amazonFBAでは
私たちは大口出品者または小口出品者として
サービスを利用することになります。

この大口出品者と小口出品者の違い、メリット等
見ていきましょう。

—–スポンサードリンク—–

大口出品者と小口出品者の違い

pro_indi_table_text_modified

違い① 月間登録料と基本成約料

大口出品者として登録すると月間手数料として
4,900円が必要となりますが
基本成約料をamazonに支払う必要がありません

小口出品者の場合は月間手数料が必要ありませんが
1商品につき基本成約料を100円支払う必要があります。

違い② 商品のカタログ登録

大口出品者の場合、
amazonに登録されていない商品の販売ページ
自ら登録することができます。

レアな商品や自社商品などをamazonに登録したい場合に
利用します。

小口出品者はできないので注意してください!

違い③ お客様の支払い方法の種類

小口出品者、大口出品者共に
以下の方法でお客様に商品代金をお支払いして頂きます。

  • クレジットカード
  • Amazonギフト券
  • Amazonショッピングカート

 

大口出品者はこららに加え、以下の方法でも
お支払い頂くことができます。

  • コンビニ決済
  • 代金引換
  • Edy支払い

小口出品者として登録してしまうと、
お客様にお選び頂く決済方法の少なさから
販売機会を失ってしまう可能性があります。


にほんブログ村

せどり ブログランキングへ

One Response to “amazonFBAの大口出品と小口出品の違い、メリット”

  1. […] ・せどりとは何なのか ・amazonFBAの大口出品と小口出品の違い、メリット […]

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

1から始めるせどりまとめ記事

このページの先頭へ